人権侵害施設の継続は国内ではできないのだ。

ここでは、「人権侵害施設の継続は国内ではできないのだ。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国防長官が人権侵害が指摘されている施設の廃止を訴え、司法長官がその意見に反対したという。逆転現象のように見えます。でも、どちらもグアンタナモに拘束されている人に配慮したわけではない、というところが凄い。

政権の維持のため、イメージアップのため、だったとか。

なんというか、ヤダね。



(時事通信:ヤフーニュース)
【ニューヨーク23日時事】23日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、ゲーツ国防長官が昨年12月の就任後、キューバのグアンタナモ米軍基地収容所を一刻も早く閉鎖するようブッシュ大統領に繰り返し進言したが、ゴンザレス司法長官らの強い反対に遭い、実現しなかったと報じた。複数の米政府当局者の話として伝えた。
 同紙によれば、ゲーツ氏はライス国務長官と共に、テロ容疑者を米国内で裁くべきだと訴えた。しかし、ゴンザレス氏らは容疑者の米国移送に強く反対し、チェイニー副大統領側もこれに同調。最後はブッシュ大統領がゲーツ氏らの主張を退けたという。 



国防長官、グアンタナモ閉鎖訴え=ゴンザレス氏の反対で実現せず-米紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000091-jij-int
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://infoismoney.blog96.fc2.com/tb.php/120-1bda675d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。