内陸部の地震が4倍以上に増える?逃げ場がなくなってきた!

ここでは、「内陸部の地震が4倍以上に増える?逃げ場がなくなってきた!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地震怖い。逃げようがないもの。今回の能登半島の地震も被災者の方は怖かったでしょう。突然の悲劇といえば言葉はきれいだけど、本当に辛いことでしょうね。ご冥福をお祈りします。

能登沖地震に関連し、鳥取県西部地震(2000年10月、M7・3)や福岡県西方沖地震(05年3月、M7)なども含め、専門家からは「西日本は本格的な地震の活動期にあるのではないか」との見方が出ている。

 尾池和夫・京都大学長(地震学)は「今回の地震は、日本列島が乗るユーラシアプレート内部の大きな地震があまり起きない珍しい場所で発生している。西日本の地震活動が活発化している。ひずみがたまっている証拠だ」と指摘する。

 尾池氏によれば、今回の地震もユーラシアプレートが、海側のプレートに押される中で起きたと考えられ、「紀伊半島から四国南方沖を震源とする海溝型の巨大な東南海・南海地震発生の数十年前は、こうした内陸部の地震が4倍以上に増える」と指摘する。(引用:YOMIURI ON LINE)

もうだんだん日本のどこにも逃げ場がないって感じですね。
どうしよう...。


西日本は本格活動期か、東南海・南海地震と関連指摘も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000113-yom-soci&kz=soci
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://infoismoney.blog96.fc2.com/tb.php/138-708afd30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。