民営化ってセコくなることを意味するの?

ここでは、「民営化ってセコくなることを意味するの?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年賀状出してない相手がいます。
どうしよ!?
高校時代の友人Sはいまだに年賀状くれるんだけど、
実は最近はかなり仲が悪い相手(-_-;)
今年はもう送るのやめようかなぁ...。


松の内というのはお正月の「松飾り」つけておく期間をいいます。
最近では1月の7日までのことを言うようですが、
本来は小正月の15日までを「松の内」といいます。

といっても、地域によって多少ズレがあるみたいですね。

この"松の内"までに年賀状は送るものとされています。

喪中の方へ年賀状以外のはがきを送付するときも、
この時期を越えてから送るのが常識と言えるでしょう。

なので、年賀状の販売は、この松の内までとしているお店が
当たり前で、文房具店では、暑中見舞いのハガキに
並び替えられます。

そもそも売れませんからね。

"商売"を理解していれば、常識以前の話ですが、
この程度の商売の常識を知らない大企業があります。


「日本郵政グループ」


年賀状の販売をサービス向上にと例年より10日ほど延長し
18日までとしたみたいです。

で早速、各方面から批判や疑問視されています。


しかし、日本郵政グループはこう言っています。


「まだ年賀状を出したいという人はいる。
18日とした根拠は分からないが、
日本ならではの風習を大切に守るためにも
ゆっくり返事を書けるということを訴えていきたい」


で、こう批判されています。


「常識的に考えて、今さら年賀状を買う人も出す人も
そうはいないだろう」

「少しでも売り上げを延ばしたい思惑か、
それとも販売期間を伸ばすことがサービスにつながると
考えているのか」


つまり、常識はずれってことです。

売り上げが伸びない状況の苦肉の策なのは分かりますが、
言い訳がみっともないなと思います。


日本郵政 「まだ年賀状」に異論…民営化後初の大事業
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080114-00000011-maip-soci
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://infoismoney.blog96.fc2.com/tb.php/199-11eda3cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。