商売の法則

ここでは、「商売の法則」 に関する記事を紹介しています。
Ppppppppppppppppppppppppppppppppptatto

2.jpg ▼コンナフウニナリタイ(T_T)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒いのはキライ(-_-;)
でも、温暖化はなんだか非常にキミが悪い。
世界には日本みたいにポーズだけじゃなくて、
温暖化対策に本気の国も少なくないとか。

日本と良く似た発展形態のドイツは、
どうしてるんだろ?

ドイツという国は、なにかと斬新な話題を
提供してくれるありがたい国です。

ありがたいというのは、ブログを書く立場での話です。

ドイツ発信の話題の共通テーマは、「極端」。

最近では、愛煙家の会社社長が、
会社の禁煙を提案した社員を解雇したりとか。

はた目で見ていれば、笑えるでしょ?

で、そんなドイツの新しい「極端な話題」です。


ドイツのヘッセン州ギーセン郡が、
暴力行為で家庭や学校が持て余した少年(16)を更生のため、
古くから流刑地として有名なロシアのシベリア地方に
送り込んでいたことが明らかになりました。

少年が送られたのは真冬には気温がマイナス55度まで下がる
人口約5000人の寒村。

テレビもインターネットもなく、
暖を取るためにはまき割りをしなければならない環境で、
少年は世話役1人と生活しているようです。


これですね、すごい効果があると思うのですよ。
人権うんぬんとか言っちゃいけない。
まだ更生の余地のある未成年の時期に徹底的に
厳しい罰を与えるのは、必要なことなのかもしれません。
わけのわからないボランティアで反省したフリをさせるより、
こっちのほうが効果あるかもね?


問題児をシベリア送り=過酷な環境で更生狙う-独
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080121-00000007-jij-int



睡眠って多くの人間にとって当たり前のものであり、
同時にもっとも重要なものであると認識されています。

しかし、世界を見渡すと、
その常識を覆すような生活をしている人も多いそうです。

睡眠時間が3日で2時間で普通に生活できる人がいて、
日常生活に支障がでるどころか、むしろ独創的な発想で、
極めて優秀な人物として高収入を得ているようです。

詳しいことは分かりませんが、
眠らないことにより、アドレナリンが放出されっぱなしで、
人とは違うイマジネーションや、
エネルギーに溢れやすいそうですが・・。

そして、この眠らない人は、実は日本にもいるみたいです。


テレビで見ない日はないというくらい多忙を極める
タレントの明石家さんまさん。

このたび糸井重里のウェブサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』の
睡眠をテーマにしたインタビューに登場し、
医者から「寝ない人と診断された」と明かしています。


睡眠0ではなさそうですが、
医者に言われるあたり、相当特殊な人間ですね。
やっぱり、アドレナリンが放出しっぱなしなんでしょうか。

そうでなければ、50歳を過ぎてあのパワーは出ないでしょう!?
それにしても、さんまさんがいまだに恋愛トークをしているのは尊敬する。
寝ないと青春が長くなるのかな?


明石家さんま、医者に“寝ない人”と診断された
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080118-00000007-oric-ent
ここのところのガソリン価格の高騰は、
中国やインドなどの経済発展による需要・消費の高まりが大きな原因なんだとか。
足すと世界の人口の4割くらい(?)の人口になる大国ですから、
今後はお金の力で更に大きくなっていくのだと思ったら、
そうでもないみたい。


北京オリンンピックでの選手村の住環境が
すこぶる悪いそうです。

中国のあらゆる環境が悪いことは
とっくに分かっていたことですよね。

そんな国でオリンピックが開かれる事実も
決まっていることだから、これも仕方ない。

この際、改善しようのない住環境には目を瞑って、
選手たちの身の保全を最優先しましょうよ。

一時よりも収まったとはいえ、
これだけ反日感情の高い国で、日本選手たちへの
嫌がらせや、最悪犯罪行為は0ではないと思います。

残念ながら、あちらの国に、

「スポーツだから国家間の感情問題はなし」

なんてモラルを求めることは不可能でしょう。

だったらこちらとしては、身を最大限に固めて、
自分達から、何事も起こらない状況を作るしかないです。


でもこういう考え方って、本当にスポーツっぽくないですね。
今からでも、違う国で開催できないかなぁ。


経済が発展しているといっても、
今の中国は「成り金」状態なのかも!?
ホントウのお金持ちの判断や振る舞いにはまだ時間がかかるのかな!?

といいつつ、

戦後60以上経っても紳士不在の政治を抱える国の人間がエラソーに言えないか...(-_-;)



北京五輪視察は制限だらけ JOCに不満が充満
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080118-00000926-san-spo
いい女・いい男は必ずしも人には好かれないものです。
特にトガッたイメージのひとは特に。
アタシに友達が少ないのもそのせいです。...ウソです(T_T)セイカクノモンダイ



押尾学さんのイメージは"つんつん"。

キャライメージを作っていたのか、地なのかは
よく分かりませんが、男性からの支持は薄く、
逆に女性ファンが極端に多い人って認識です。

「女優喰い」のイメージも強いかな(笑)。

しかし、ここ一年くらい、公の場では見かけず、
なにやっているのかなぁって・・あんまり思ってないか。

奥さんの矢田亜希子さんが妊娠した報道の頃は、
旦那、仕事大丈夫か?なんて思っていたのは確かですが。

で、久々に押尾学さんがテレビの前に現れました。

格闘技やトレーニング用品のブランド「ボディメーカー」の
イメージキャラクターに起用されての、会見の場です。

ご無沙汰なその表情は、ナイフの如きの危険な顔つきではなく、
すっかり一児のパパでしたね。


イメージキャラクターを引き受けた理由についても、

「子供が生まれて飯食わさなきゃいけないんで」

と軽いジョーク。(ジョークか?)

長男の「りあむ」君については

「かわいいですよ。たぶんイケメン。
骨格も目も、今のところ僕に似てます」

と目尻を下げ、

「お風呂は僕が入れてるんです。
おむつ替えも(矢田と)一緒にやってます」

と良き父親ぶりを明かしていました。


いや~、変わるもんだなと。

あれですね、手のつけられない不良が
ふと優しさを見せた様な感じ。

困ったな、あんまり悪い印象がないや。


押尾パパ CM出演で養育費稼ぐゼ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000045-spn-ent
初めて万引きしたあとは、
そのスーパーの前を通るたびにドキドキしたものです。
家族の会話のなかでその店の名前が出るたびに変な汗をかいたりして^^;

子供にとっては、ゲーム感覚ですが、
アタシには向いてないことがよ~くわかりましたね、そのときに。

でも、いまでは大人にとっては、生活のためになってきたようです。

元々万引き行為を行う年齢層は、
圧倒的に子供が多かったはずです。

しかし近年は、大人、それも中高年の万引きが多くなった事が、
広く認知されてから久しいです。

お店側にとっては、深刻な問題で、
とある店舗が万引き被害の為に閉店に追い込まれたという
話も聞いたことがあります。

こんな背景があるものですから、この事件を
加害側のみが悪いと断罪するには、少々抵抗があります。


千葉県のスーパーで昨年9月、万引犯に執拗に暴行して
死なせたとして傷害致死の罪に問われた元店長、
岩沢被告の判決公判で、懲役5年を言い渡されました。

相次ぐ万引に業を煮やした末の犯行でしたが、
プロボクサーのライセンスを持つ岩沢被告は
同一犯の3回目の万引は警察に通報せず、
私的制裁と称して暴行していたそうです。


万引き犯は当時56歳。

私的制裁とは言いますが、1店舗を任される店長としては、
56歳の3回に及ぶ犯罪行為に感情が爆発したのでしょう。


もちろん、相手を死に至らしめた行為を肯定などできません。


できないんですけど・・なんか、胸の奥が気持ち悪いんです。

とっても切ない気分になります(-_-;)


万引犯暴行死 ボクシング経験者の店長に懲役5年の判決
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000934-san-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。